ダイヤのリフォームリング Reform of the diamond ring

ダイヤのリフォームリング立て爪高さ低く

I am Kaname Miyata of Shirokuma.
This is a very simple diamond ring.
Ring on the left side was redone.
Often set the diamond to another ring.
This was made by shaving the ring itself.
Frame for students who want to inherit the ring is also recommended reform.
I lower the height of the diamond. The slender arms.
The combined size. And improved comfort.
Born changes so cute.

『shirokuma(シロクマ)の宮田要です。
とてもシンプルなダイヤリング。左の写真のリングのリフォームしたものです。
ダイヤを別の枠に付け替えるリフォームはよくありますが、これはリングそのものを削って作りました。
リング枠も受け継ぎたい方にはおすすめのリフォームです。
石の高さを低くして、腕を細くし、サイズを合わせ、付け心地も改善しました。
それだけでもかわいく生まれかわりますね。』








“ダイヤのリフォームリング Reform of the diamond ring” への 2 件のフィードバック

  1. はぁ~ こういうリフォームもあるんだ。
    これなら大事なリングをそっくりそのまま
    生かせて良いですね。
    ナカ○マさんに教えてあげなくちゃ!

  2. ありがとうございます。
    おもしろいでしょ。
    加工手段は限定されるのですが
    組み合わせによっては
    いろいろなかわいいリングに変身するんですよ。
    宝石はやっぱり身に着けてこそだと思うので、
    着けれる形にしておきたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です