結び目があるマリッジリングのミル打ち Marriage ring with choke end

ミル打ちマリッジリング結び目プラチナ

I am Kaname Miyata of Shirokuma.
It is “omusubi” of a new marriage ring.
It introduced it as a wax prototype on June 4.
There is an auspicious choke end.
Various arrangements will be able to be done in this. The mill was put in this pair.
The size of the grain of two rings was changed.
There is sticking to in this processing. This one stamp is marked to the surprise.
Grain is uneven because because of good.
It looks like the hatred of the line drawn with the rule.
It marks it though it faints a little with love by one.

ミル打ちマリッジリング結び目プラチナしろくま

『shirokuma(シロクマ)の宮田要です。新しいマリッジリング、omusubiと申します。6月4日にワックス原型でご紹介してました。おめでたい結び目がございます。いろいろなアレンジができそうですが、このペアにはミル打ちを入れてみました。ミルの大きさを男女で少しだけ変えてみました。ミル打ちには少々こだわりがございまして、なんと1粒づつ手打ちしております。その判らないくらいのふぞろい感がなんとも良いのです。定規で引く線に魅力を感じないのに似ています。多少気が遠くなりますが一粒づつ気持ちを入れる感じで。』





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です