立て爪エンゲージリングのリフォーム Remake of a high crown setting engagement ring

エンゲージリングのジュエリーリフォーム
立て爪のエンゲージリングをリフォームさせていただきました。

立て爪とは、ダイヤの石座がにょきっと高く、ダイヤを大きな爪で留めているデザインで、婚約指輪の人気の定番のザインでした。

しろくまでは、リング枠を削り出して、高さをできるだけ低く、爪も小さく加工して、つけ心地よくリフォームさせていただいております。
枠もそのままお使いして、現代的なリングへ生まれ変わりました。

ジュエリーリフォームのページはこちら

The engagement ring of high crown setting was remade.
The high crown setting is a design in which the crown of the diamond is high and the diamond is set with large claws, and it was a popular standard for engagement rings.
In our workshop, the ring frame is carved out to make the height as low as possible and the claws are made small to make it comfortable to wear.
Using the frame, it has been reborn as a modern ring.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です